右脳開発とは

能力開発といえば右脳開発といわれるくらい、右脳開発はとても注目をあびています。

右脳開発が注目される理由としては、
・「人間は普段左脳しか使っていない」といわれていること
・「右脳は左脳に劣らないどころか、その何百倍もの能力をもっている」といわれていること
が挙げられます。

右脳開発を考える際におさえておきたいのは、右脳と左脳の違いです。左脳は言語脳とも呼ばれ、言語・表現力・論理性・意識・ストレスといった特徴があります。一方右脳は「イメージ脳」と呼ばれ、イメージ・創造性・ひらめき・無意識・リラックスといった特徴があります。

右脳開発で代表的なものには速読があります。文字をひとつずつ追いかける普通の読み方は、左脳的読み方です。右脳のイメージ力や絵的処理(文字をひとつずつ見るのではなく、まとめて見る。写真のように記憶する)を活用して、驚くほど速く読むことができたりします。

右脳開発は、誰しも右脳をもっているわけですから、誰でも可能です。ぜひ右脳開発をして、人生を何百倍も充実して過ごせるようにしたいですね。

右脳開発について

右脳開発は、速読や速聴といった昨今の能力開発法においては、欠くことのできない主役的存在です。現代人の脳の活用部位は、ほとんどの場合左脳に偏っており、右脳をほとんど活用していないといわれています。

右脳開発の第一歩は、イメージ力の開発です。右脳の特徴にイメージ力があるわけですが、このイメージ力は、現実に現象を動かす力となるものです。よって右脳開発でイメージ力をより磨くことによって、願望成就などができるようになるわけです。

その昔、人類の祖先といわれるネアンデルタール人の時代は、右脳を活用していたといわれます。男たちが森に狩りに行き、女たちは家で瞑想し、瞑想において獲物を得た瞬間に、森で男たちも狩りで獲物を得たといわれています。

右脳のイメージ力は、スポーツ選手たちのイメージトレーニングにも活用されています。右脳開発は、左脳に偏りすぎた現代人の「能力開発」というよりは、むしろ「能力回復」なのかもしれませんね。

スポンサードリンク